第93回 南三陸かがり火まつり福興市

8月24日、午後3時より第93回かがり火まつり福興市が開催されました。
会場は海水浴場周辺の公園です。

当日は天候も良く絶好の海水浴日よりでもあり、日中行われた大スイカ割り大会にはたくさんの家族連れの参加があり盛り上りも最高でした。

夕方から夜にかけてがメインの催しで、神社から子どもたちがもらい受けてき来たご神火を祭壇に灯し、神事が行われました。

松明に火をもらい受け、場内30基の灯籠に灯されて行き、雅楽器の笙が奏でられ、会場は幻想的な一時に癒やされました。


海を背に太鼓の演奏もあり、アンコールの声援にさらに会場が一体となり盛り上りも最高潮です。

いよいよフィナーレ。今年で6回目になる愛知県新城市からの手筒花火です。副市長様、職員の方ほか総勢十数名でお越しくださいました。見事な花火に、昨年よりも大勢の観客の声援にも、ひときわ力が込められていました。

行く夏を惜しみながら、イベントも無事終了しました。

来月は、いよいよ、南三陸町が誇る名産”タコまつり”です。
新しい試みで、会場がさんさん商店街の近くになります。

是非お越しください。

Comments are closed