人物連鎖 ❻

その言葉をキーワードとして事件•事故の原因に迫っていきます。そうすることで事件や事故を減らすことができる、防ぐことができる方法を見つけて行こうと思うのです。
では、早速そのキーワードを使って真相を解明していきます。まずは言葉を並び替えてみると、
「なんの罪もない人が犠牲になった」⇒「なんの罪もない赤ちゃんが犠牲になった」
さらに、
「行きずりの人が巻き込まれた」⇒「行きずりの赤ちゃんが巻き込まれた」
何か不思議な感覚を覚えませんか?居心地の悪い、何とも落ち着かない感じがしませんか?どういうことかを説明します。

高速道路の容疑者、通り魔の犯人、高齢ドライバーの過失者。この三人に共通しているのは、加害者だということです。加害者は被害者のためにも法のもとに裁かれなければなりません。ただし、ここで見逃してはいけないことが一つあります。それは、加害者にも被害者にも共通していること。つまり、お互いにかつては子どもだったという事実です。さらに重要なのは、この文を書いている私も以前はやっぱり子どもだったということ。それどころか、この文を読んでいるあなたも子どもの時があったということ。もっと言うなら、世界中の大人たちは全て子どもの頃を過ごしたのです。かつての子どもたちが参加メンバーになって構成されているのが、今という世間です。どこかの国の大統領も、この国の首相も、与党も野党も、スタープレイヤーもみんな子どもたちだったのです。夫も妻もノーベル賞受賞者も警官も逃亡犯も、少し昔には子どもでした。

そしてどの子どもも、その前は赤ちゃんだった。

「なんの罪もない赤ちゃんが犠牲になった」
という言葉の組み合わせを目にすると、何か不思議な感覚を覚えてしまうのはなぜなのか。
罪のある赤ちゃんは、いないからです。でも、犠牲になる赤ちゃんはいるからです。誰の犠牲に?問題なのはそこです。
「行きずりの赤ちゃんが巻き込まれた」
この言葉もどこか居心地の悪い、何とも落ち着かない感じがするのはどうして?
行きずりの、つまり一人で通りすがる赤ちゃんはいないからです。誰かがその子を連れています。でも、巻き込まれる赤ちゃんはいる。何に巻き込まれる?問題はここにあります。

誰の?犠牲に、何に?巻き込まれる。
この二つの問題の答えは一つ、世間です。世間の犠牲になっているのです。世間に巻き込まれているのです。大人たちという、かつては子どもだった人たちが参加メンバーとして構成している世間が、赤ちゃんを巻き込んで犠牲にしているのです。

私たちは今、世間で繰り返し起きている事件と事故の本当の原因を見つけようとしています。心の準備はできていますか。お互いに注意深くなる必要があります。なぜなら私たちは、世界中の大人たちが忘れているデリケートな場所に差しかかっているからです。ここで思い出していただきたいのは、加害者の最初の被害者は、実は加害者本人だったということ。

赤ちゃんを犠牲にして巻き込んでいる世間という加害者。
その世間のメンバーの私たちという加害者。
私たち加害者の最初の被害者は、なんと私たち自身。

どんな被害を私たちは受けたのでしょう。

~続く~

Comments are closed