神話の人

神話の人           作詞•曲  守沢 鷹         演奏 ザ•バディタイム


いずれ神話となる今この時を
古代ギリシャのごとく捨て切れるものだろうか
いずれ神話となる今この世界
トロイの木馬の足音も聞こえない
琥珀色の雲に何を尋ねても
ただ空を覆うだけ


神々が人の数ほどあったという話は
今では砕け散る化石になり下がる
人びとは待つだけの一日に気がつかず
背を向けて誰かの足音に聞き耳をたてる
琥珀色の雲は何をたずさえ
西へ西へと流れる

答えを求める人はただ西へ歩く
この東に無いものがあの西にあると
歩く歩く人よ、足もとも確かめず
たどり着くその果てが、この東とは知らずに
いずこも吹きすさぶ風にあおられて
流れる木の葉のごとく委ねられるのか


すでに始まる神話のこの時を
あふれるマグマのごとく大地を焦がせ
風よ風よ吹け、冷たい風よ吹け
眠れる人の目を覚ますのだ


いずれ神話となる今この時を
古代ギリシャのごとく捨て切れるものだろうか
いずれ

Comments are closed