ONE

ONE 作詞•曲 守沢 鷹 演奏 ザ•バディタイム

からだの中にも、もひとつの別の世界がある
自分の噂話を自分が一番多くしている
僕だけかな、君もかな、みんなもかな

あなたは鏡のあなたに、素知らぬ顔で
身支度を整えて後にする、それを大人というのなら
鏡の前に、もう一度、もどろう

大人に聞いてみたい、大人がいるとしたら
いつから大人になったのだろう
何年、何月、何日に

心を浮かべる深い河を、も一度さかのぼれば
流れるせせらぎのたてる音が、子どもの声に聞こえる
僕のかな、君のかな、みんなのかな

あるだろう、あなたにも何気なく人を眺めたことが
その人が思い出し笑いをしている、それを見てあなたも
思わず、いつしか、微笑んだはず
僕だけかな、君もかな、みんなもかな

Comments are closed