独裁者

なぜかチャップリンの『独裁者』が気になり、さっそくDVDを借りて観ました。
何となくこういう映画が観たくなるような世相なのでしょうか?よくわかりません。

この映画は1940年10月に、米国で公開されました。監督・製作・脚本・主演(一人二役)はすべてチャップリンで、本人初のトーキー映画(映像と音声が同期)です。

ご存知の方も多いのでしょうが、最後の5分間の演説がスゴイ。「世紀の5分間」と言われているようです。
それは、まさしく人間チャップリンの願いとして響いてきます。

もうこれ以上、言うことはありません。
こちらの動画をご覧ください。

Comments are closed