音即是色

音は即ち色だという、その典型は「虹」だと思います。外側に赤、内側は紫の、一般的には七色が虹の色の数のようです。でも、中にはネイティヴアメリカンのように六色に見える人たちもいます。インディゴブルー(藍色)を数えないのです。

色には波長があって、肉眼に感ずる、いわゆる可視光線は380~800ナノメートル程度。それを超えると紫外線や赤外線のように、目で見ることができない色もあります。音の特徴のひとつの、可聴域にソックリですね。そこで、色を音にして歌っているザ•バディタイムの曲を紹介します。

ナイン•カラード•レインボー

一つ、ひらがなのように              やさしい
二つ、不思議に見えても              そうでもない
三つ、見上げてさがした              空の虹
虹は空から人に                               問いかける
七色を支えるのは                           二つの色
心の闇と光の                                   黒と白
ナイン•カラード•レインボー      9colored rainbow
色いろ 泣いて 色いろ 笑う

四つ、ようやく空は                      晴れたから
五つ、今まで夢見た                      日が来たね
六つ、難しいを やめ                     てから
虹は空から人に                               問いかける
色たちが眠る                                   黒い夜
色たちが踊る                                   白い朝
ナイン•カラード•レインボー      9colored rainbow
色いろ 泣いて 色いろ 笑う

七つ、何度も心から                    祈り願う
八つ、安らかな国                        コスタ・リカ
九つ、コスタ・リカに                習おう
七色の虹から                                 九つ色に
命つくる色が                                 見えてくる
心の闇と光の                                 黒と白
ナイン•カラード•レインボー     9colored rainbow
色いろ 泣いて 色いろ 笑う
ナイン•カラード•レインボー     9colored rainbow 9colored rainbow

次回は、『本当の自分』です。

Comments are closed