懐疑は踊る

数年前からでしょうか、駅などでハグしている人たちを見かけることが多くなりました。ステキな光景ですね。私もたびたびしています。男女でも同性でも親子でも、ハグをしている二人にドラマを見ます。再会なのか別れなのか、互いに相手の温もりや体つきを確認しているのか記憶しようとしているのか。失礼にならない程度にチラリと見ます。たまに、自分のハグのときはどうかな?と思うこともあるんです。

『懐疑は踊る』とタイトルしましたが、もちろん名画『会議は踊る』から取りました。今、この国の会議も踊っていますが、ちょっと待ってよ❗️という事で、懐疑で話をすすめていきますね。
まず、想定内という考え方。言葉として正しいのか、少し懐疑的になりますが先へすすめましょう。そう、次に出てきたのが想定外という、ここんところが要注意なんですが、答え方でした。考え方ではなかったんです。その道の専門家が想定外という答弁をやりだすと、この世界はもう始末に負えなくなります。一般の人は、思いもしないことは想定もしません。でも専門家は、思い浮かぶ限りのあらゆる想定をしてみるべきです。さらに、その想定の外を想像しようと試みるべきです。最近ようやく、想定外を考えておこうと唱えるホンモノの専門家が現れはじめました。こんなに時間がかかるとは、ホントに想定外でした。

さて、みなさんが想定している健康とはどのような状態でしょう。
⒈ 定期検診を受けていて、検査結果の数値に問題がない。
⒉ まわりからもタフと言われ、自分もそう思っている。
⒊ サプリメントを摂るなど、栄養を気にしている。
などなど、一般的にはこういったところでしょうか。でも、何にでも例外はありますから、個性的で独創的なこだわりを持った人もいるでしょうね。
⒈ 好きなコーヒーをおかわりしたくなる時。
⒉ まずい青汁をおいしいと感じてしまう時。
⒊ 深夜ラーメンの翌朝、気持ち悪くない時。
などなど、数多くの答えがあるでしょうね。でもまあ、やっぱり想定内を一歩も外に出ていません。

放才能。才能を放つということで言えば、心と身体の両輪がシンクロして初めて健康という状態になります。才能には、心の才能と身体の才能があります。この二つの才能が噛み合ったときに才能は外に放たれるんです。外とは、外臓のあるところ、つまり世界であり、中臓のあるところ、つまり社会です。

身体の一部である頭の角度を少し上げて、身体の一部である目で空を眺めます。するとどうでしょう、心が動き始めます。内臓と外臓の出会い頭、nice meet you!?であった。

次回は『踊るから躍る』に躍動していきます。

Comments are closed