世界と社会

社会では、『愛国心を持とう』と強く働きかける時期が一定の周期でやってきます。国は内臓と外臓の間にある臓器のひとつ、中臓です。胃のような国もあれば、心臓のような国もあります。腎臓のようにペアで支え合っている国もあります。どの国がどのような臓器かは、どうぞ想像してみて下さい。面白いですよ。

ところで、腎臓が二つもあることに触発されたのか、二つの肝臓、ひとつの肺、三つの膵臓というようにたくさんの臓器を集めて、より強い国体を作ろうとしたユーロ圏という組織もあります。この、より強いというのは、アメリカ合衆国より強いなのか、ロシアより強いなのか、中華人民共和国より強いなのかは、見る人の立場によって違ってくるでしょう。それとも、今までより強いということかもしれません。

強くすることだけに専念すると、必ずどこかに歪みが出てきます。身体にたとえてみれば簡単です。アスリートが、筋肉だけを作り過ぎたために故障したというニュースはたびたび目にします。筋肉を支える骨はどうなのか、骨を造るカルシウムは十分なのか、カルシウムの補給の食生活はどうなのか。カロリーやエネルギーを取り込むだけでいいのか。消化する時間や、それを吸収する個体差は理解されているのか。

社会に話を戻しますと、国のことが気にならない状態がもっとも健康的です。健康に気を配るのはいいんですが、気にし過ぎてしまうと厄介なことになります。胃の場所がわかる時は、体調がすぐれない時でもありますよね。他の人よりも強くなりたいと思うと、無理をして自分のペースを乱してしまいがちになります。誰かが誰かに、もっと自分の国を愛しなさいというのは、筋肉の鍛え過ぎになりがちです。また、他国よりも強くなれというのも、自国のペースを乱してしまうことになりがちです。

違った価値観があればあるほど、社会は健康ですし、国も穏やかです。スポーツはすばらしいし素敵です。やるのも観るのも好きな人は多いと思います。でも、社会や国がアスリートみたいになっていくのはどうでしょうか。それが合わない人、つまり違った価値観や、その方針というカロリーやエネルギーに消化器が悲鳴をあげる人もいます。

次回は、社会と会社を観察します。

Comments are closed