U谷の喫茶店

U谷の喫茶店の朝はせからしい。

常に誰かが電話していて そのほとんどが初めて話す相手だったりする。

なんてことが分かってしまうくらい 堂々とみんな通話している。

***

「他者意識」なんてのが流行ってるらしい。相手の立場にたつことらしいが。

本当はそれ、自分の気持ちなのだ。

自分の気持ちを徹底的に理解すると、他人のことが自分の事のように理解できる。

 

自分で哀しみを知っているから 他人の哀しみも見てとれるのだ。

でも「そんなことはない」と自分で自分に言い聞かせてしまってるのだ。

「そんなことはある」のだ。

プレゼントも、自分が欲しかったものをあげると 案外喜んでもらえるものだ。

 

U谷の喫茶店は「他者意識」が低いだろうか?

そうかもしれない。

最近の僕らも、似たようなものかもしれない。

だけど、せからしい事は 悪くない。

生きてるって事だ。

U谷の喫茶店

 

Comments are closed