このサイトについて

心の底から楽しく仕事をする大人。

私たちは、そんな素敵な大人を「社会企業家」と呼ぶことにしました。

そんな大人だからこそ、次世代への架け橋となる仕事ができるのではないでしょうか。 そんな大人が増えれば、子供たちも楽しく生きることに躊躇することはなくなるでしょう。 一人ひとりができる「未来への責任」を、まず心底楽しく仕事をすることから始めてみませんか。 さあ大人たちよ、元気を取り戻して何時か誰かに喜ばれる仕事をしようじゃないか!

3.11という歴史的転換点に生きるということ。

3.11とともに生きる私たちだからこそ、すべきことがあります。

3.11によって失ったものは計り知れないけれども、見失い忘れてしまっていた大切な ものを想い出させてくれたのも、3.11だったのではないでしょうか。 そんな今を生きる私たちは、千年に一度ともいえる機会を与えられた気がします。それは、より良い未来を引き継ぐための絶好の機会だといえます。その機会を、楽しく笑ってビジネスで活かせるのが「社会企業家」なのでしょう。

原点回帰スパイラルという現象。

心の底から楽しいと感じる喜びの源泉は、こころとからだの健康にあるといえます。

心底楽しいというのは感覚であり状態です。 考えてそうすることではなく、何かによってもたらされるものです。自己都合の思考から解放され未来の都合に意識を委ねれば、いますべきことが ハッキリとわかるのではないでしょうか。こころとからだの健康により失いつつある感性を取り戻すことで、ビジネスや企業そして 社会の健全性が高まっていくことでしょう。そんな「原点回帰スパイラル」現象が加速し始めました。

本サイトは、千年に一度ともいえるこの機会を、楽しく笑ってビジネスで活かせる「社会企業家」が集いビジネスすること。さらに、同じような志をもつ若き志士たちと学び、体験し、成長することによって「社会企業家」が増殖することを目指しています。 ネットとリアルとを行き来しながら、その実現性を高めていきたいと思っています。

「社会企業家」集まれ。「志士」たちよ心底楽しもう。

なぜ今、社会企業家なのか?


我慢と責任転嫁が蔓延した社会

人が何とも言えない喜びを感じるのは、誰かや何かの役に立ちそれを実感した時だと思います。人というのは、そういう生き物なのでしょう。。「日常と非日常」でも書きましたが、日常の中で誰かや何かの役に立てる機会がない、あるいは役に立っていても実感が湧かず諦めやマンネリ感、閉塞感が漂っている人が多くいます。そしてそれが、社会に蔓延しつつあると感じます。

ある人は、自分が我慢すればいいと思っています。 ある人は、誰かや何か、あるいは社会のせいにしています。 いずれにせよ我慢か責任転嫁の二者択一的な考え方や行動に陥っています。簡単に言えばつまらない日々を過ごし、安易な楽しさを求め後悔を繰り返して生きていく要因をつくり出しています。さらに、それを自分が選択しているという自覚はないのでしょう。

特に仕事でそう感じて生きている人が多くいます。仕事では、利害や人間関係が露骨に現れる場面が多く、寧ろそれが仕事の厳しさだと勘違いしていることも多々あります。地に足がついて仕事をしている人は「仕事に厳しい」と「人に厳しい」を区別できます。会社での評価よりも、自分らしさや社会的な意義を大切にします。

自分を誤魔化したり勘違いして生きている人は、人として大切なことに鈍感になります。あるいは避けて通ります。こういう状況が続くと体調を崩します。あるいは周囲の人が病気になります。我慢をしていても、本当の自分の心と身体を誤魔化し通すことはできません。内面にダメージを及ぼすか、周囲の人を攻撃するかどちらかに向かうということになるでしょう。

「自分らしく」生きる

そういう状況から自然に解放される方法としてまず私が思うことは、「自分らしく」生きるということです。「自分らしく」というのは、考えてわかることではありません。私の感覚では一つひとつのことを心に違和感のない状態で行動することにより、自分らしさの輪郭がみえてくるという感じです。繰り返していくことで、その輪郭がはっきりと浮き出てきます。自分が正しいと思うことは何なのか、やりたくないと思うことはどういうことなのか、何となく嫌だと思った時は様子をみるとか少し置いておくだけでいいのです。 自分や会社やお客や誰かの都合で決めるのではなく、ただ自分の心に違和感なくいればいいだけです。結局、元々わかっていることを忘れたり見失っているだけで、それを一つひとつ想い出していく作業なのでしょう。

会社や仕事ではタブー視され無責任と言われ自分勝手と言われるようなことであっても、「自分らしく」いることにより人として最も大切なことに立ち還られれば(原点回帰)、同じように行動している人と横軸でつながり少し安心して仕事もできます。それぞれが「自分らしく」していれば、そこに安心が生まれます。 日常の自分の周辺環境の中ではタブー視されることが、全く違った意義や価値観をもっていることにも気づかされます。

私は誰かを説得することはしませんし、したこともないと思います。わかる人と連鎖、連動していければいいと思っています。それが何となくでもいいし、何となくが何だったのか後から表層化していくこともお互い楽しい体験になるでしょう。

なぜ「社会企業家」か?

心の底から楽しく仕事をする大人を、私たちは「社会企業家」と呼ぶことにしました。そんな定義はどこを探しても出てきませんが(笑。

心底楽しいというのは感覚であり状態です。 考えてそうすることではなく、何かによってもたらされるものです。そういう感覚は、「自分らしく」生き「自分らしく」仕事をしている人に多くもたらされると思うし、そういう人たちと会った時に様々な事象に対する問題意識も共有されやすいと感じます。ということは共通の目的意識のもとに行動も起こりやすいし、継続性も高まることでしょう。

「社会企業家」というと、すでに起業し社会ビジネスで実績のある立派な人を想像するかも知れませんが、そうではありません。心底楽しく仕事をしている大人こそが、自分の損得に埋没せずに仕事をしているし、そう心掛けている人の周囲にはポジティブな連鎖が起こります。 現在の立場が経営者、起業志願、会社員あるいは学生であっても構いません。ここでは「社会企業家」とそれを志す「志士」と呼んでいます。会社員であれば「社内」起業家を目指すこともできるので、自分がいる会社を社会的企業に転換していく原動力になってもらえればHappyですね。

なぜ「大人」か?

もう一つは、敢えて「大人」と書いている点です。個人的には、子どもの頃の夢や希望を持ち続けて生きることは素晴らしいことだと思っています。心のありようが大人である必要はないと思います。「大人」と書いたのは、子どもたちからみて大人に見えるのだから、そう見える人たちは子どもたちが夢や希望をもって成長するための妨げになってはならないという意味を込めています。

子どもたちから見て大人に見えるんだから「ちゃんとしようよ」という感覚と、我慢や責任転嫁をしてつまらなそうに生きている大人が蔓延っていると、子どもたちは息苦しいんじゃないかなという感覚によるものです。「大人」に見える私たちは、子どもたちが思いのまま思う存分生きるよう見守るか、自分自身が「自分らしく」思う存分生きるしかやりようがないのではないでしょうか。

つまらない顔をして生きている「大人」たちは、子どもたちからみたら迷惑に違いありません。あるいは可哀想にみえるのかな。。 こんなことを想いながら、「心の底から楽しく仕事をする大人」を「社会企業家」と呼んでいます。

企業と市民の使命

また社会企業家が志し、実践するのは「社会ビジネス」です。社会ビジネスというのは、ビジネスによって社会的課題を解決するものですが、ビジネスである以上本業あるいは収益事業にしていかなければなりません。ここでは非営利活動やCSR(企業の社会的責任)活動とは区別しています。

区別する理由は、企業本来の使命がそうだからです。企業には、本来の使命を果たす責務があります。社会があって企業が存立しているという当たり前のことを、それぞれの企業は肝に銘じ取り組み始めなければなりません。 心底楽しく仕事をする大人が増えてポジティブな連鎖が起こり、企業による社会ビジネスによって心の豊かさを取り戻していくことで、すべての企業が社会的企業といえるようになるでしょう。

経済最優先の社会では、企業は常に競争に晒され効率を追求しなければなりません。消費者や市場の要求も、高品質で低価格な製品・サービスに偏りがちです。それは「我慢」や「責任転嫁」が蔓延る社会が、それらの欲求を満たすことを優先しているからに他なりません。多くの企業は、このエゴである欲求を顧客ニーズや市場ニーズと呼んでいるようです。 企業本来の使命を果たすための社会ビジネスの事業化は、社会に対する問題意識をもった消費者や市場の要求とともに発展していきます。

私たちは、仕事上では製品・サービスの供給者かも知れませんが、プライベートでは消費者であり市場の一員でもあります。よってこのようなネガティブな連鎖を断ち切りポジティブなスパイラルに変化させていくのも、私たちの心のもちように依るところが大きいと私は思っています。

 

日常的な心身ケアとセカンドオピニオン


セカンドピニオンの実態

日本の医師約3,900人への調査で、「患者からセカンドオピニオンの相談等があったら不快に感じる」と答えた医師が1割いたと報じられていました。その理由は、「信頼されていないように感じる」でした。ちょっと耳を疑います。 「セカンドオピニオン」は、1990年代から日本に導入され始めたものですが、最近、厚生労働省が5,000人の患者を対象に利用経験者の調査をしたところ、未だ22.4%にとどまっているとの結果でした。何がネックになっているのか?大きく2つあるようです。
1.医師への気兼ね。
2.費用負担が増える。

冒頭のように「不快に感じる」医師が多い中で、患者が主治医に対し「セカンドオピニオン」の紹介状を依頼したいと思っても、躊躇してしまうのは目に見えるようにわかります。一方、費用負担については、一般的に「セカンドオピニオン」は保険診療の対象外となるため、患者の自己負担が増えるというものです。

病気になる前に

ここで一つ気がついた点は、多くの人が「セカンドオピニオン」を求め始めるのが、自分が患者になってからということです。つまりほとんどの人は自分が病気になって、偶々出会った医師を主治医として治療を受け、その後何らかの理由により「セカンドオピニオン」を要望するのが一般的だということです。ただその場合、主治医に診療情報提供書というものを作成してもらう必要があるため、気兼ねをして言い出せない患者が多いということのようです。 ということは、「病気になってから」を「普段から」に変えていけばいいのでは?

「セカンドオピニオン」は、日本では主に医療分野に用いられていますが、wikipediaの冒頭には「よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める意見、または意見を求める行為」とあります。 ですから普段から気軽に、専門的知識をもった第三者に自分の心と身体のことを相談できるようにすればいいということです。また的確なアドバイスをもらうためには、自分の心身の状態をよくわかってもらう必要があるため、あまり費用負担を掛けずに日常的なケアをしてもらうことができれば最良です。

ごく当り前に考えれば、誰だって病気になりたくないし、病気になりにくい元気な心と身体を維持したいと思っているはずなのに、最も肝心な日常生活や仕事のあり方を蔑ろにしている人が多く、病気になったら医師に診てもらえばいいと人任せになっています。 ここを少し悔い改めませんか?世の中にとっても重要なことですから。

「原点回帰」のしくみづくり

ただ個々人での対応を想定した場合、自分で「セカンドオピニオン」となる第三者を探すことが難しい、どの程度の費用負担になるのか不明確である、病気になっていないので必要性を感じないという意見がでるのではないでしょうか。つまり個人的に第一歩を踏み出す人は稀であり、社会的な波及にはつながりにくいというのが実態です。

そこで興梠さんと私が1年前に始めた試行は、企業活動の一環で社員とその家族の心身両面の健康を守るしくみをつくるというものです。それを「原点回帰」といっています。 企業が社員の日常的な心身のケアをしセカンドオピニオンを確保することにより、社員一人ひとりの抵抗力・治癒力の向上による病気になりにくい心身の健康を取り戻し、食生活や生活習慣等を改善するしくみを築いていきたいと考えています。さらに社員の家族の健康維持にも寄与できれば、日本の企業が見失いつつある「温かみのある企業」を取り戻すことにつながります。

心底楽しく仕事をする「社会企業家」は、本当の意味で健康な人です。健康だからこそ心底楽しいと感じ、他人への気遣いができ、社会のこと未来のことを考え取り組めると思います。さらに「社会企業家」や「社内起業家」が原動力となって、社会ビジネスが起き、社会的企業が当たり前になっていくという社会現象につながっていくでしょう。

私は興梠さんと出会って23年ほど経ちますが、出会ってから医師の診察を受けたことはないと思います。薬もほとんど服用したことはありません。健康に対する意識が変わったことによるものですが、何か大それたことをしている訳ではなく、単に日々気をつけるべきことに気をつけているに過ぎません。

多くの人に最も大切なきっかけが生まれるようなしくみを、企業活動の中に組み入れてもらえれば流れは一気に加速し始めます。 これが「原点回帰」のしくみづくりです。

 

 

情報交流等はFacebookの「TEAM社会企業家」にて行ってください。

「TEAM社会企業家」運営管理者:株式会社ソーシャルキャピタル http://socialcapital-jp.com

Comments are closed